選ぶなら働きやすいお店!私にもできる風俗店の見つけ方

うまい話に流されない風俗のお仕事の見つけかた

未経験でも大丈夫?面接と体験入店

給料の良さや特典だけに注目して面接や体験入店を決めていませんか。
体験入店とはその名の通りお店で流れを把握するためにお試しで働いてみることです。
未経験だとわからないことが多いので試すことをお勧めします。
お仕事内容を把握することもですが、お店の雰囲気をよく観察してみましょう。
店内は雑然としていませんか?
面接では面接官の説明の仕方や店内の雰囲気を確認します。
服装や言葉遣いも見るべきポイントの一つです。
風俗で働くには身分証の提示とお店側による情報の保管と管理義務があります。
身分証明として有効なのが、運転免許証、パスポート、マイナンバー、住基カードです。
上記の中で身分証明として持っているものと本籍地が記載された住民票が必要です。
説明の中で給料の話があると思いますが、明細を見せてくれるお店はとても親切だと言えます。
風俗だから、ではなくてちゃんと給料明細を見せてもらって控えを手元に残せると安心です。

面接のときの服装と尋ねられる内容

お店へ面接で出向くときの服装は、ほかの会社の面接のときとほとんど変わりません。
服装はその人の中身を表すようなものです。
相手に対して失礼のない服装と化粧を心がけましょう。
本来面接は雇うためにするものではなくてどんな人物かを見て落とすために行うものです。
だとしたら、面接官に対して落とす理由が見つからない服装と姿勢で面接に臨めばいいのであって難しくはないと思います。
その人を面接で知るために、服装と持ち物や態度に注目していますのでメモ帳と筆記用具も準備しておきます。
紙面に書かれていない条件や質問の答えなどをしっかり控えておきましょう。
面接時に尋ねられる内容については風俗だから聞かれる内容が含まれています。
身長や体重、スリーサイズ、カップ数、顔出しの範囲や目標の金額、刺青の有無、オプションの範囲やNGプレイなどどの風俗店でも共通して尋ねられることが多いようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ